2019年7月17日加 中国外務省の耿爽副報道局長は15日、山東省の警察が違法薬物使用の疑いでカナダ人1人を拘束したことを公表した。カナダ当局が、ファーウェイの孟晩舟副会長を拘束後、中国が拘束したカナダ人は3人目となる。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが伝えた。

 耿副報道局長によると、山東省の警察が違法薬物使用容疑で外国人留学生数人を拘束したが、その中にカナダ人が含まれていた。副局長は、捜査中であることを理由に詳細を説明しなかった。カナダ政府も自国民1人が山東省煙台市で拘束されたことを認めたが、詳しい状況は明らかにしていない。

 江蘇省徐州市の警察もこのほど、違法薬物使用容疑で英語学校の教員と学生を拘束した。英政府によると、4人の英国人が含まれいた。副局長は、徐州の事件と山東省のカナダ人容疑者は無関係だと述べた。

 米ニューヨーク・タイムズ紙によると、孟副会長の拘束後に中国に拘束されたカナダの元外交官マイケル・コブリグと朝鮮問題専門家マイケル・スパバの両氏はは、秘密の場所に拘束中で、弁護士、家族とも面会できていない。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か  
カナダ、孟副会長の引き渡し審理開始へ=中国大使館が抗議
ファーウェイ事件後のカナダ人拘束13人 8人は釈放