2019年7月16日港 15日付香港紙・明報によると、中国本土への犯罪容疑者移送を可能とする「逃亡犯条例」改正を巡り、香港・新界の沙田区で14日、大規模なデモが行われた後、ショッピングセンター「沙田新城市広場」内で参加者と警官隊が衝突し、警察官13人を含む28人が重軽傷を負った。警察は大学生5人を含む47人を拘束した。(写真は明報のキャプチャー)

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、デモは14日午後、沙田区の街路で行われ、終了後に参加者の一部が街路を占拠し警官隊とにらみ合った。午後8時ごろ警察が強制排除を始めた際、一部が新城市広場に逃げ込んだ。まもなく追い掛けてきた警官隊と、店内で乱闘が起きた。 

 警察によると、15日午後10時半の段階で6人が入院し、1人は深刻な状態。警察官1人は指をかみ切られ、接合手術を受けた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
逃亡犯条例は死んだ 香港長官表明も民衆反発
香港デモ巡り英中の応酬激化 英外務省が中国大使批判
香港の自由損なえば重大結果 英外相が中国に警告