2019年7月12日蔡 台湾の蔡英文総統は11日、外交関係のあるカリブ海の4カ国歴訪のためチャーター機で経由地のニューヨークに到着した。滞在先のホテル前では、歓迎派と反対派の台湾系市民らが集まり、両者の間で一時もみ合いが起きた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が同日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 蔡総統は11日午後3時、ジョン・F・ケネディ国際空港に到着、市内のホテルに入った。入り口前には地元やニュー・ジャージー州在住の台湾系市民が歓迎に訪れた。地元の反対派市民約200人が押しかけ、「台湾独立反対」などとスローガンを叫んだ。反対派には中国本土出身者が多数含まれていたもようだ。

 蔡総統はニューヨークに3日間滞在。台湾と外交関係がある諸国の歓迎宴に出席する。また、コロンビア大学で講演し、教員学生と交流すると見られている。
★参考情報★
ーーーーーーーーーー
エルサルバドルが中国と国交、台湾と断交宣言
ブルキナファソが台湾と断交=中国と国交樹立へ
中米ドミニカが台湾と断交、「現状変更」と米国務省が批判