2019年7月11日菜 中国新聞網によると、国家減災センターは10日、中国南方地区で大雨による水害や土砂災害による被害が拡大しており、湖南、江西など6省で10人が死亡、10人が行方不明となったと発表した。各地の被災者は465万人で、経済的被害は70億9000万元(約1115億円)に上った。(写真は澎湃新聞のキャプチャー)

 澎湃新聞によると、湖南省では9日までに、衡陽、株洲、永洲など9市44県で84万8000人が被災。土砂崩れに巻き込まれたり、溺れるなどして少なくとも4人が死亡、5人が行方不明になっている。家屋1000戸が倒壊、4200戸が損壊した。

 江西省では9日までに、宜春、撫州、萍郷など8市43県で146万4000人が被災。家屋の倒壊と落雷で3人が死亡した。

 広西チワン族自治区は河内、柳州、桂林など5市27県で10万600人、貴州省の黔南、黔東南、六盤水など4市・自治州、13県・区で5万5000人が被災した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報
東北から広西まで大雨 南方地区一帯に黄色警報
落雷で4人死亡6人けが 江西4市5県で大荒れ天気