2019年7月08日雨 中国気象局によると、遼寧省、河北省、天津市、山東省、江蘇省、安徽省、福建省、広西チワン族自治区など各地で6日、激しい大雨が降った。中央気象台は7日午前6時、貴州省、湖南省から同自治区、広東省まで南方地区一帯で、10日まで大雨の恐れがあるとして、大雨では3段階で3番目の「黄色警報」を発令した。雷や強風を伴う地区もある。(写真は百度のキャプチャー)

 水利省によると、長江の洞庭湖とハ(番におおざと)陽湖水系、長江中下流の支流、珠江流域で水位が大きく上昇する見通しだ。

 7日付の中国紙・新京報によると、福建省北西部の順昌県では6日、大雨のため県内各地で洪水が発生。家屋50戸が倒壊、200戸が損壊。道路が寸断されたほか電気の供給と通信がストップしている。1万人が被災、3348人が避難したが、けが人の情報はない。

 順昌県仁寿鎮では6日午前6時から9時の雨量が120ミリとなり川の水が増水し、低地の民家が冠水した。道路、電線、橋、水道などが深刻な被害を受けた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
落雷で4人死亡6人けが 江西4市5県で大荒れ天気
江西省で豪雨と洪水の被害 中央政府が緊急対応を発動
長春で50年ぶり大雨 道路が冠水、空港は41便欠航 吉林