2019年6月24日港米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、「逃亡犯条例」改正に反対し、1週間前に大規模なデモが起きた香港中心部の政府本部、立法会などがある金鐘(アドミラリティ)周辺は23日、ほぼ抗議活動などはみられず平穏を回復した。(写真はVOAのキャプチャー)

 23日付香港紙・明報は、行政・議会、親中国派、民主派は、「対話が今後の進路」との認識で一致していると報じた。同紙によると、林鄭月娥行政長官は22日、幹部を集めて5時間の会議を開き、どのように民意をくみ取るかの話し合いを行った。

 ただ香港では「逃亡犯条例」改正を巡る危機はまだ去っていない。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、21日には学生と市民が金鐘の警察本部などを包囲し、条例改正案の撤回や、デモに対し警察が「暴動」と認定したことの取り消し、拘束者の釈放などを求めた。


★参考情報★
ーーーーー
香港「逃亡犯条例」反対デモ、中心部の道路閉鎖続く
香港の逃亡犯条例反対デモに200万人 政府は審議延期表明
香港警察がデモ参加者相次ぎ拘束 金鐘周辺は平穏回復