2019年6月14日西13日午後8時半ごろ、北京市中心部の東城区橋湾地区の路上で、男が刃物で通行人を切りつけた後に逃げたと警察に通報があった。北京市公安局東城分局(警察)によると、6人がけがした。(写真は、東網のキャプチャー)

 警察は同日午後10時50分、男(25)を拘束した。けがした6人は病院で治療中だが、いずれも命に別状はないという。

 北京市では昨年2月にも、北京市西城区の繁華街にある大型ショッピングモール「西単大悦城」で、刃物を持った男が買い物客らを襲い、女性1人が死亡、男女12人が重軽傷を負う惨事があった。今回の東城区の事件が起きた13日、北京の裁判所が、ショッピングモールの事件を起こした朱紀業被告に死刑判決を言い渡した。判決によると、鬱憤(うっぷん)晴らしが動機だった。

 中国では刃物を使った通り魔事件が頻繁に起きている。広東省恵州市では今年3月末、商業地区「下角市場」で男が刃物で通行人らを切りつけ8人がけがした。1月には福建省福州市と広東省東莞市で今年1月、男が通行人を襲う事件が相次ぎ発生し、計2人が死亡、27人が重軽傷を負った。18年8月には、広西チワン族自治区柳州市で、男が車で通行人らをはねた後、刃物で切りつけ18人が死傷した。
 
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
男が刃物で通行人ら切り付け 警察が制圧、8人けが 広東
福建と広東の路上で無差別殺傷 2人死亡、27人けが
北京の大型ショッピングモールで刃物男の通り魔、1人死亡12人重軽傷