第11管区海上保安本部によると、中国海警局の船4隻が10日午後4時ごろ、沖縄県・尖閣諸島の領海に侵入し、約1時間40分後に接続水域に入った。中国海警船の尖閣領海と接続水域の航行は60日連続で、2012年9月の同諸島国有化後、最長の連続日数となった。同本部うち1隻は機関砲のような装備を積んでいた。日本の報道を引用し、米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日伝えた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国海警船4隻が尖閣周辺航行 53日連続、7年ぶり記録更新
河野外相が李克強首相と会談、日中関係の正常化確認