2019年5月22日車 自動車情報サイトの汽車之家によると、広東省広州市中心部、天河区林和中路と林楽路の交差点で21日午前8時50分ごろ、赤信号を無視した乗用車が交差点に突入して歩行者と車2台に相次ぎぶつかった。広州市公安局によると13人が重軽傷を負った。警察は乗用車の女性(45)を拘束した上、事故原因を調べている。(写真は汽車之家のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、事故は通勤時間帯に発生。乗用車は突然加速して、多数の出勤者が横断する交差点に突っ込み、歩行者はボーリングのピンのようになぎ倒されたという。乗用車はさらに約10メートル進み、車2台に衝突して止まった。

 拘束された女性は、著名デザイナーの丁偉容疑者。2011年には広東省10大デザイナーの1人に選ばれた。広州市内の服飾学校で校長助手を務めていた。また、けが人には香港政府・広東駐在事務所の広報責任者の黄偉強さんも含まれていた。

 中国では運転ミスとみられる事故が頻発している。広東省では17日にも、深セン市中心部の南山区で乗用車が暴走。通行人を次々とはね3人が死亡した。2月には湖南省婁底市で乗用車が通行人をなぎ倒し、3人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
深セン中心部で乗用車暴走 歩行者はね3人死亡
乗用車が通行人なぎ倒す=妊婦死亡、2人けが-湖南
上海中心部で乗用車が歩道暴走 台湾ツアー客10人死傷