2019年5月20日酒 ニュースサイトの央広網によると、広西チワン族自治区百色市右江区の商業ビル内にある酒場で20日午前1時、屋根が崩落し客らが生き埋めになった。警察や消防などが急行して救助活動を行ったが、2人が死亡、83人が重軽傷を負った。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、商業ビルは3階建てで、多数の飲食店が入居している。事故現場の酒場「0776酒バ(口へんに巴)」は屋上にあり、面積700平方メートルで、鉄構造物の屋根が覆っていた。事故発生とともに消防車22台、消防隊員ら約160人が急行しクレーンなどを使って救出活動を行った。

 百色市トップの党書記とナンバー2の市長も現場に急行。救助活動を指揮するとともに、事故原因の徹底調査を行って、類似事故の発生を防ぐよう指示した。

 中国では昨年6月にも、広東省深セン市竜崗区のレストラン「東海漁港酒楼」で、暴風雨のため入り口前の雨よけが崩落し、4人が死亡、4人が重軽傷を負った。17年3月にも福建省アモイ市の商業レストランで、ガラス製の屋根が突然崩落。客5人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー