2019年5月20日樹 北京市東城区の東直門バス駅近くで19日午後、強風で塀が倒れて通行人にぶつかり3人が死亡した。同市西城区の白紙坊西街地区でも19日午後、強風で街路樹が倒れ、二輪車で飲食物を配達中の男性が直撃を受けて死亡した。ニュースサイトの光明網などが伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 東城区では、東直門バス駅が入る複合施設「東華国際広場総合商務区」の「南区」で施設を囲む塀の一部が倒れた。通行人男女3人にぶつかり2人はその場で死亡。1人は病院搬送後に亡くなった。

 北京などでは同日、強風では4段階で上から3番目の「黄色警報」が発令された。

 中国中央テレビ局によると、北京市昌平区では19日午後、住宅地区「公園悦府」で高層マンション1棟の外壁の表面が強風にあおられて、階下の幼稚園に落下した。幼稚園は休みで、けが人はなかった。マンションは、昨年末に引き渡しが始まったばかりだった。

 北京市の首都国際空港付近の上空では19日午後4時05分ごろ、着陸のため降下していた中国国際航空CA1404便が乱気流に巻き込まれ、機体が激しく揺れた。悲鳴を上げたり、おう吐する乗客がいたが、けが人はなかった。