2019年5月16日炭陝西省炭鉱安全監察局は13日、同省延安市の炭鉱で昨年発生し、5人が死亡したガス爆発事故について、防爆仕様でないスマートフォンを作業員が持ち込んだことが原因だったと断定した。陝西新聞網が15日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ガス爆発事故は昨年12月24日、延安市華龍煤業有限公司の炭鉱内で起き、コンクリートの吹付け作業担当の5人が死亡した。

 専門調査チームは事故原因について、5人がガスの状況を検査しないまま坑内に入り、防爆仕様でないスマホを使ったため、周辺に溜まっていたガスが爆発したと結論づけた。

 同局は、爆発を労災事故と認定。安全管理に手落ちが合ったとして、炭鉱の責任者ら40人について、司法機関に送るなどの処分を行った。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー