2019年4月26日貿 米中貿易協議に詳しい米ウォール・ストリート・ジャーナルのボブ・デービス記者は25日、ワシントン国際貿易協会 (WITA) で行われたイベントの席上、同協議が6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議で決着するとの見方を示した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が26日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 関係者ら間では、米中両国は、5月末か6月初めに両首脳が合意文書に調印することを目標に、4月末と5月末に2回の交渉を行うことを決めたとの見方が広がっている。同記者は「(調印式が)6月に日本で行われると思う」と述べた。同紙は先に、5月27日の戦没将兵追悼記念日に調印が行われるとの見方を伝えていた。

 デービス記者によると、近く北京を訪れる米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官が率いる交渉団の随行者が少ないことから、協議が終わりに近づいているのは確か。実務者が話し合う問題が残り少なくなり、同代表ら政治レベルによる協議が増えたためという。 

 米中両国に厚い人脈を持つ、大手投資ファンド会社の米ブラックストーンのシュワルツマン会長も25日、経済メディアで、米中貿易協議が2カ月内に決着するとの見方を示しており、デービス記者の見方とほぼ一致している。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー
米中貿易協議、5月妥結か 消息筋明かす、WSJ紙報道
米中閣僚級協議が再開 交渉妥結に期待高まる
米中首脳会談6月にずれ込みか 貿易戦争収束に遅れ