2019年4月25日法 ロイター通信によると、米政府筋2人はこのほど、フランス海軍のフリゲート艦「バンデミエール」が4月6日、台湾海峡を航行したと述べた。仏軍艦艇の同海峡航行は初めて。中国政府は反発し、中国海軍創設70周年の23日に山東省青島沖で行われた国際観艦式でフランスへの招待を取り消したという。台湾紙・中国時報が25日伝えた。(写真は中国時報のキャプチャー)

 欧州の国家の艦艇が台湾海峡を航行するのは極めてまれ。米国は中国周辺海域の公海で「航行の自由」を主張している。仏軍艦の今回の航行は、米国の同盟国や友好国の中で賛同国が増えていることを示しており、オーストラリアや日本も追随する可能性がある。

 米国防総省のデンマーク前副次官補は「フランスが、アジア太平洋の国際政治に関与を始めたことを示す。中国の行動が国際秩序への挑戦であることを分からせるつもりがある」と述べた。

 米軍艦艇の台湾海峡航行は常態化しており、3月には米海軍と米沿岸警備隊の艦艇が通過した。貿易紛争以外にも、米中間の火種が増えているといえそう。米国は南シナ海での「航行の自由」を活発化させており、中国が態度を硬化している。


★参考情報★
ーーーーーー
習主席出席し国際観艦式 大型駆逐艦や空母で戦力誇示
海自艦、旭日旗掲げ青島入港 印新鋭艦は台湾海峡経由