2019年4月16日薬山東省済南市歴城区の製薬会社、斉魯天和恵世製薬公司で15日午後3時37分ごろ、工場地下室で配管の改良工事中に火災が発生、作業員10人が窒息死し、従業員12人もけがした。ニュースサイトの新京報が15日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 調べによると、作業員が「地下冷凍乾燥室」で溶接作業をしていたところ、火花で低温用熱媒体が炎上し、煙が充満した。作業中の8人のほか、助けに入った2人が窒息死して死亡。さらに、救助に駆けつけた従業員12人も負傷したが、命に別状はないという。

 同社では過去4年間に爆発・火災事故3件が起きている。15年4月には工場4階の作業場で反応釜が爆発・炎上。16年8月には工場5階のダクトから出火した。16年10月にもアルコールを含む圧力容器が爆発する事故が起きた。いずれもけが人は出ていない。

 中国では工場の爆発・火災事故が頻発。3月末、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。その後も各地で大小の事故が続発している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
製薬工場で爆発、8人死傷 周辺で強い刺激臭 江蘇・淮安
700人死傷の化学工業団地でまた火災 けが人なし 江蘇
化学工場爆発で死傷668人、28人不明 周辺河川の汚染深刻 江蘇