2019年4月11 日化 3月末の爆発事故で約700人の死傷者が出た、江蘇省塩城市響水県の化学工業団地内にある、製薬会社の塩城市瑞普医薬化工有限公司の倉庫で10日午前10時半ごろ、火災があった。消防隊が駆けつけ約45分後に鎮火した。けが人はなかった。ニュースメディアの人民網が10日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 響水県の化学工業団地では3月21日、化学原料製造会社の江蘇天嘉宜化工有限公司の化学工場で大規模な爆発があり、78人が死亡、600人以上がけがした。

 ニュースメディアの中国新聞網によると、塩城市当局は4月初め、響水県の化学工業団地を閉鎖するとともに、市内で一定基準を満たさない化学企業の閉鎖を促すことを決めている。

 香港メディアの東網によると、江蘇省も化学企業を整理する方針を決め、化学企業の数を2020年までに2000社、22年までに1000社以下に減らす目標を定めた。

 化学企業の縮小により、化学原料が値上がりし、タイヤ製造業界などに打撃を与える可能性もある。

 
★参考情報★
ーーーーーーーーー
化学工場爆発で死傷668人、28人不明 周辺河川の汚染深刻 江蘇
農薬工場で爆発、6人死亡30人重傷 住民にも被害 江蘇
化学工場で爆発 19人死亡、12人けが-四川・宜賓