台湾・中央社によると、台湾・国防省は3月31日、中国軍のJ11戦闘機2機が同日午前11時ごろ、台湾海峡の中間線を越えて台湾の南西空域に入り、台湾空軍の戦闘機が緊急発進で対応したと発表した。

 台湾メディア・風伝媒によると、両軍機が約10分間、にらみ合いを続けた後、中国軍機は中間線の中国側に戻った。中国軍の航空機、艦艇とも、通常は中間線付近で活動しており越境はまれ。中国側の挑発とみられる。

 台湾・外務省は同日、ツイッターで、中国軍機による中間線越えは、中台が長らく守ってきた黙契を破るもので、故意の挑発だ」と批判した。

 台湾で中国大陸政策を担う行政院大陸委員会(陸委会)は31日、中国軍機の越境に対し「高いレベルの挑発だ」として抗議。台湾への政治軍事攻勢を強め、中台統一を強要する動きは地域の安定を損ねるとして中国側を批判した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
米海軍艦と沿岸警備艇が台湾海峡航行=中国と緊張高まる恐れ