2019年3月28日毒 江蘇省塩城市響水県の江蘇天嘉化工有限公司の化学工場で21日起きた爆発に絡み、江蘇省生態環境庁は27日、周辺の大気と水質を調べたところ、同市を流れる新豊河で極めて深刻な汚染が観測されたほか、新農河でも汚染物質の濃度が環境基準を超えたと発表した。中国本土のニュースメディア、新京報が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同庁が爆発現場の風下の大気を調べたところ、26日午後8時現在、ベンゼンの濃度は基準を下回っていた。

 新豊河では27日午後6時現在、アンモニア態窒素の濃度が1リットルあたり228μg(マイクログラム)で、地表水に関する環境基準の113倍だった。新農河でもCOD(化学的酸素要求量)やアンモニア態窒素の濃度が環境基準を上回っていた。

 新華社によると、国務院(中央政府)安全生産委員会弁公室は通達を出し、今回の爆発事故の教訓をくみ取り、化学品に絡む危険が潜んでいないか、全面的な調査を行うよう下部機関などに命じた。

★参考情報★
ーーーーーー
化学工場爆発で死傷668人、28人不明 周辺河川の汚染深刻 江蘇
農薬工場で爆発、6人死亡30人重傷 住民にも被害 江蘇
化学工場で爆発 19人死亡、12人けが-四川・宜賓