2019年3月25日塔江蘇省揚州市の揚州経済技術開発区で21日午後1時46分ごろ、複合企業の宝勝集団(江蘇省揚州市)の海底ケーブル敷設現場で、施設の一部である塔の塗装作業中に足場が崩落した。作業中の11人のうち6人が死亡、5人がけがした。人民日報(電子版)が24日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 江蘇省政府は専門家を現地に派遣し、事故調査と事後の対応に当たらせている。施工者で建設会社の中国建築第二工程局によると、現場作業員の作業方法に規則違反があったとという。

 香港メディアの東網によると、事故は23日になり中国本土のメディアが報じた。ネット上では当局が事故隠しを図ったとの批判の声が上がった。

 また、中国各地の建設工事現場で事故が頻発していることに批判の意見も出ている。この中には、建設会社の安全軽視姿勢や、資質が低い下請けや孫請け企業に工事を委託していることが、事故を招いているとの指摘がある。



★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
成都双流空港の工事現場で崩落 作業員17人死傷 四川