2019年3月1日雨長江中下流の南側の江南地区で異例の長雨が続いており、中央気象台によると、浙江省杭州市では昨年12月1日から2月25日までの87日中65日が雨となり、同地区の各省都で最多となった21世紀経済報道(電子版)が28日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 浙江省応急管理庁は26日、持続的な降雨により、同省の23日までの雨量が平年より80%多い253ミリに達したと発表。省内主要河川の水位が上昇し、一部は警戒水位を超えたという。

 中央気象台によると、江南と江淮地区(江蘇、安徽両省の淮河以内、長江以北の地域)、貴州省、広西チワン族自治区、福建省では、昨年12月1日~2月25日の降雨日数が40~55日と、平年より10~15日多かった。

 省別で降雨日数が多かったのは貴州、湖南、湖北、江西、浙江、安徽の7省で、平均降雨日数は1961年以降で最多となった。

 江南地区などでは、雨具、衣類乾燥機、除湿機、下着の販売数が急増。中国ネット通販大手の京東商城のまとめでは、衣類乾燥機と除湿機は前年同期の3倍に増えた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
江蘇省・常熟、海門でも大雨=都市部で冠水被害