重慶市雲陽県の繁華街で24日午後1時半ごろ、路線バスが歩道を暴走して通行人らをなぎ倒し、2人が死亡、13人が重軽傷を負った。澎湃新聞が24日伝えた。

 警察はバスの運転手を拘束し、事故原因について捜査を始めた。ブレーキが故障した可能性があるという。

 目撃者によると、バスは突然、歩道に乗り上げて走った後、薬店に突入して止まった。付近の街路樹も倒れた。バスのフロントガラスはめちゃくちゃに壊れた。電動バイクなど複数の車両がバスの下敷きになった。

 

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
路線バス、運転ミスで商店突入 通行人含む4人重軽傷 深セン
路線バスが橋から長江転落 乗客約10人、2人の遺体 救助船70隻出動 重慶