2018年12月19日豚農業農村省は18日、重慶市璧山区の養豚場でアフリカ豚コレラ(ASF)の感染を確認したと発表した。中国では8月3日に初めて確認後、豚コレラの感染拡大が止まらず、感染地域は32の省・自治区・直轄市のうち、22省区市に広がっている。香港紙・蘋果日報(電子版)が同日伝えた。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 重慶市璧山区の養豚場では、飼育中の23頭のうち8頭が発症、3頭が死んだ。

 中国では今年8月1日、遼寧省瀋陽市の養豚場で豚47頭が死に、2日後に国家外来動物疫病研究センターがASFの感染を初めて確認した。その後、感染は中国北部から南部に拡散したが、遼寧省の状況が最も深刻で、これまでに10件の感染が確認された。

 中国当局によると、ASFの感染例のうち23件は、生ごみや食べ残しを豚に給餌したことが原因。35件は、生きた豚を輸送中の消毒が不徹底だったためとみられる。

 中国でASFの感染例が見つかっていないのは、広東、広西、山東、河北など10省区市にとどまる。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー