2018年12月8日化 河南省洛陽市孟津県の安全生産監督管理局は9日、同県内の大手化学品製造会社、洛陽永龍能化公司の工場内で8日午後8時半ごろ、亜硝酸ナトリウムの中毒事故が発生し、従業員4人が病院に運ばれたが3人が死亡したと発表した。ニュースサイトの環球網が9日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同社は、国有大手化学メーカー、河南能源化工集団(河南省鄭州市)の傘下。親会社と市・県政府の担当者が現場に赴き、事故原因の調査を始めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー