2018年12月4日豚 農業農村省は3日、陝西省西安市、北京市通州区、黒龍江省・農墾局北安管理局地区でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生したと発表した。中国新聞網などが3日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同省によると、西安市では205頭、北京市通州区では85頭、黒龍江省の同地区ではイノシシ375頭が発症した。北京市は、近隣の天津市、河北省との合同感染防止制度を発動した。

 中国では8月に初めて感染を確認して以来、全国でASFの感染拡大が続いている。



★参考情報★
ーーーーーーーーーー
重慶でアフリカ豚コレラ初確認 感染の省・市14カ所に拡大