2018年11月19日豚中国新聞網によると、農業農村部は17日、上海市金山区の養豚場でアフリカ豚コレラ(ASF)の感染を確認したと発表した。上海での感染確認は初めて。ASFは19省・自治区・直轄市に感染が拡大したことになる。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 同部によると、上海市金山区の養豚場は飼育中314頭のうち50頭が感染、11頭が死亡した。

 また、17日には江西省で初めて上饒市の養豚場でも感染が見つかった。さらに同日、雲南省昆明市、四川省成都市の養豚場でも感染をそれぞれ確認した。

 当局によると、上海、昆明、成都のいずれの養豚場でも、現場の封鎖、豚の処分と安全な処理、消毒などの緊急対策を行った。