2018年9月26日僧四川省アバ自治州アバ県のキルティ・ゴンパ(格爾登寺)のチベット族の僧侶3人が今月、「チベットに自由を」とのスローガンを街頭で叫び、相次ぎ拘束されたことを24日、インド・ダラムサラのチベット人の団体が発表した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が同日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 発表によると、今月5~6日、同寺の23歳と18歳の僧がアバ県の街頭でスローガンを叫び、直ちに警察に連行された。さらに別の僧1人も今月初め、同様の理由で拘束された。

 アバ県では今月初め、いったん釈放された元服役囚の僧侶ら数人が再度拘束され「愛国教育」を受けたという。いずれもスローガンを叫ぶなどの示威活動を行って2~3年服役していた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーー