2018年6月22日台 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米国のダナ・ローラバッカー共和党下院議員が20日、「一つの中国」政策を放棄して台湾と外交関係を結ぶよう求める議案を提出した。中国外交部などはコメントしていないが、台湾世論の注目を集めている。

 台湾メディア風伝媒によると、ローラバッカー下院議員は「一つの中国」政策には問題があり、台湾を主権国家として「一中一台」に改めるべきだと主張している。米国が国家として承認していないシリア、イラン、北朝鮮、ブータン、台湾の5つのうち、台湾だけが完全な民主制度を維持している。

 ローラバッカー下院議員は、米上下両院の親台湾議員連盟「台湾連線」の発起人の1人。同議連は上院議員の5分の1にあたる20人、下院議員137人が加盟している。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー