中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

 2019年6月24日車重慶市雲陽県・江口鎮で22日、乗用車が街路を暴走して通行人を次々にはねた。当局によると4人が死亡、子どもを含む10人以上がけがした。警察は車を運転していた男を拘束、取り調べている。警察によると男は酒に酔っ払っていた。ニュースメディアの紅星新聞が報じた。(写真は東網のキャプチャー)

 現場は、道路の両側に商店や飲食店が並ぶ繁華街。目撃者によると、クロスオーバー車が突進してきて通行人を数人をはね、そのまま走り続けた。車は通行人を狙って、前進とバックを繰り返した。最後は群衆が車を取り囲み、ドアをこじ開けて運転手を引きずり出したという。 

 住民によると、事故現場の周辺は川に近い夕涼みの場所として知られ、事故当時も、子どもや高齢者を含め多数の住民が集まっていた。

 中国では、市街地で車が暴走して多数の死傷者が出る事故がしばしば起きている。6月には河南省洛陽市で乗用車が通行人やバイクをはね7人が死傷。5月には深セン市中心部で乗用車が暴走して、通行人3人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
市街地で乗用車暴走 通行人ら1人死亡、6人重軽傷 河南
深セン中心部で乗用車暴走 歩行者はね3人死亡
乗用車が通行人なぎ倒す=妊婦死亡、2人けが-湖南

2019年6月24日朝 中国の習近平国家主席は21日、2日間の北朝鮮訪問を終え、平壌から北京に戻った。中国政府系メディアは「中朝友好の新たなページを開いた」と報じたが、焦点の北朝鮮の非核化には触れなかった。外国メディアは、訪朝の中身は乏しいものの、中国、北朝鮮ともそれぞれ外交面の利益を得たと報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 英BBC放送は「今回の訪朝は、実質的な中身より象徴的な意味が大きい。両国とも、それぞれに必要なものを得るための選択だった」と報じた。

 米紙ニューヨークタイムズは、習主席は今回の訪朝を通じ、北朝鮮の核に対する中国の影響力の大きさを米大統領に誇示することを狙った。北朝鮮側も、中国の助力により制裁の緩和を目指した。専門家は「中国が国連安保理の制裁撤回で努力することはない。しかし、中国の経済界に北朝鮮とのビジネスを促すだろう」と述べた。


 ロイター通信は「習主席は今回の訪朝で、米中関係が悪化する中、重要なカードを持っていることを示した」と伝えた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
●習近平主席が平壌到着 北朝鮮は最高レベルの歓迎
金委員長の列車で交通混乱 ネットに恨みの声、中国当局削除
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表

2019年6月24日震 中国四川省当局によると、22日午後10時29分ごろ、四川省宜賓市キョウ(王ヘンに共)県でマグニチュード(M)5.4の地震が起きた。当局によると、同県と近隣の長寧県で住民31人がけがした。中国紙・環球時報(電子版)などが23日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 宜賓市では16日にも、市内の長寧県でM6の地震が発生。21日午後4時までに13人が死亡、226人がけがした。四川省地震局は、22日の地震は16日の地震の余震との見方を示した。宜賓市でM5以上の地震が起きたのは22日で3回目となる。

 四川長寧地震抗震救災指揮部によると16日の地震で被害を受けた電気、水道、通信、交通などのインフラは既に回復。倒損壊した家屋の被災度合いの評価作業などが進んでいる。 

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、宜賓市長寧県の住民の間では、同県のシェールガス採掘と、頻発する地震とを関連付ける意見が出ている。当局は、地震は自然現象で人為的な関与はないとコメントし、シェールガス関連の風評の流布を厳しく規制しているもようだ。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
四川M6地震、死傷者200人超 住民にシェールガス原因説
四川省・宜賓でM6の地震 11人死亡、122人けが
雲南省・玉渓で連続地震 家屋8000世帯で損壊 7万人被災、24人けが

 2019年6月24日港米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、「逃亡犯条例」改正に反対し、1週間前に大規模なデモが起きた香港中心部の政府本部、立法会などがある金鐘(アドミラリティ)周辺は23日、ほぼ抗議活動などはみられず平穏を回復した。(写真はVOAのキャプチャー)

 23日付香港紙・明報は、行政・議会、親中国派、民主派は、「対話が今後の進路」との認識で一致していると報じた。同紙によると、林鄭月娥行政長官は22日、幹部を集めて5時間の会議を開き、どのように民意をくみ取るかの話し合いを行った。

 ただ香港では「逃亡犯条例」改正を巡る危機はまだ去っていない。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、21日には学生と市民が金鐘の警察本部などを包囲し、条例改正案の撤回や、デモに対し警察が「暴動」と認定したことの取り消し、拘束者の釈放などを求めた。


★参考情報★
ーーーーー
香港「逃亡犯条例」反対デモ、中心部の道路閉鎖続く
香港の逃亡犯条例反対デモに200万人 政府は審議延期表明
香港警察がデモ参加者相次ぎ拘束 金鐘周辺は平穏回復

 2019年6月21日朝習近平・中国国家主席と彭麗媛夫人が20日、平壌に到着し、2日間の北朝鮮公式訪問を始めた。中国最高指導者の北朝鮮訪問は14年ぶり。北朝鮮側は、金正恩・朝鮮労働党委員長と夫人が空港に出迎えるなど、最高レベルの歓迎を行った。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが同日伝えた。 (写真はVOAのキャプチャー)

 中国メディアは、習主席訪朝の模様を一斉に報道。中国中央テレビ局は、北朝鮮当局が動員した民衆が、空港や沿道で手にした造花を振りながら、歓迎の言葉を叫ぶ様子を放送した。同局によると、歓迎の民衆は数十万人に上った。先に金委員長が中国を訪れた際は、中朝両国とも報道を控え、詳細は訪問終了後に報じている。

 習主席は北朝鮮滞在中、金委員長と5回目の首脳会談を行う。金委員長は2018年3月から19年1月まで4回訪中し、両国関係は急速に改善した。この間、中国は米国との間で貿易紛争が激化した。

 習主席は18日、トランプ大統領と電話で話し、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で会談することで一致した。米中首脳は、米中貿易紛争とともに、北朝鮮の核問題などで意見交換する見通しだ。

 金委員長は18年以降、習主席のほかトランプ大統領、プーチン・ロシア大統領、文在寅・韓国大統領と相次ぎ会談した。中国は、朝鮮半島の核問題で自国の役割が不可欠との認識で、相対的に地位が低下する可能性は懸念していない。今回の訪朝で中朝の同盟関係を実質的に強化し、対米交渉でのカードにできるかが注目されている。

 
★参考情報★
ーーーーーーーーー
金委員長の列車で交通混乱 ネットに恨みの声、中国当局削除
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表 <

2019年6月21日栄 台湾の航空大手、長栄航空(エバー)グループの客室乗務員が加入する労働組合が20日午後4時からストライキに入った。エバーによると21日は計79便が欠航し、約1万5000人が影響を受ける見通しだ。台湾・中央社が伝えた。(写真は中央社のキャプチャー) 

 労組側は、手当の増額や合意内容を非組合員に適用しないことなどを要求。労使は20日も交渉したが決裂した。

 2019年6月21日大ニュースサイトの新京報によると、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で19日午後12時35分ごろ、山火事が発生しているのが見つかった。同森林区の阿龍山林業局は、落雷が原因とみている。また、消火作業を指揮していた根河林業局の副局長が死亡した。(写真は百度のキャプチャー)

 応急管理省森林消防局によると、20日午後までに同森林区北部に約3500人が出動し消火活動にあたっている。両林業局によると、現場では主にシナアカマツや低木が燃えている。周辺は高温で濃煙に覆われ、風向きがしばしば変わるため、消火活動が難航しているという。

 犠牲となった副局長は、19日に前線で火災状況の確認作業などを指揮していたところ、突風で倒れてきた、焼けた木に当たって重傷を置い、20日早朝に死亡した。

 別のニュースサイト、正北方網によると、大興安嶺森林区では今年、雨を伴わない雷が頻発。18~19日に3450回の雷が観測された。降雨量は平年に比べ最大2割少ない一方、気温は最大1度高い。このため雷による山火事がしばしば起きていた。

 中国の東北や西南地区は今年、干ばつのため山火事が頻発。3月には、四川省涼山州木里県で山火事があり、消火活動中の森林消防隊員ら計30人が死亡した。遼寧省瀋陽市では4月、渾南区の景勝地、棋盤山で山火事が発生、消防隊員ら数千人が出動して消火に当たった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
東北、西南など各地で干ばつ 雲南は58年間で最悪 

 2019年6月21日塔米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの代表団がこのほど中国を訪れたことが分かった。中国外務省の陸慷報道局長は20日「テロ撲滅など共通の関心事について意見交換した」と述べた。(写真はVOAのキャプチャー)

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、陸局長は、タリバン代表団が訪中した日時は明らかにしなかった。

 ロイター通信の20日の報道によると、新疆ウイグル自治区とアフガニスタンが接しているため、中国政府は長年、海外と新疆のイスラム過激派の連携を懸念している。

 タリバンは過去数カ月間、米国の外交官と交渉を行い、米軍を含む外国軍のアフガニスタンからの撤退を求めた。引き換えに、アフガニスタンをタリバンの対外軍事攻撃の拠点としないことを約束している。

 中国は、パキスタンの盟友としても、アフガニスタンとの政治、経済面での強力強化を図ってきた。アフガニスタンに影響力を行使して、パキスタンと接近させることが狙いとみられる。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
海外でウイグル人迫害批判が激化 中国当局が対抗宣伝 テロ対策と善政強調
新疆に現代版「万里の長城」建設へ、過激派入国阻止狙う
新疆の治安安定もテロや独立活動なお活発、党副書記が見方

2019年6月20日窓 ニュースサイトの金羊網によると、広東省深セン市福田区の住宅団地「御景華城」で13日午前9時19分ごろ、母親と歩いていた男児(6)を、20階から落ちてきた窓ガラスが直撃した。男児は病院に運ばれたが、16日朝に死亡した。(写真は東網のキャプチャー)

 また、地元メディアによると、山東省カ(草かんむりに河)沢市でも17日、高層住宅の19階から窓ガラスが落下。通行中の男性を直撃した。男性のけがの有無は報じられていない。

 深センの事故で落ちた窓ガラスはアルミ製の枠つきで、「御景華城」3号棟20階の一室のもの。住民が窓を開けようと手で押したところ突然落ちたという。

 当局は、住宅の管理会社に窓と壁の安全確認を行うよう指示した。この団地では5月にも4号棟8階の一室で、エアコンの取り付け作業中に窓ガラスが落ちる事故があったが、ケガはなかった。

 カ沢市で落ちた窓ガラスもアルミ製の枠つき。家主が窓を交換する作業中、誤って落とした。防犯カメラの映像によると、両手に荷物を下げ通行中の男性に当たった。男性は直撃後は身動きしておらず、重傷を負ったとみられる。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
設置中にエアコン落下 作業員死亡、警察が捜査 浙江
マンション外壁の断熱材落下 3人けが、1人は意識不明-北京

2019年6月20日加 香港メディアの東網によると、大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を控え、台湾海峡と南シナ海で各国軍艦の活動が活発化している。カナダ海軍のフリゲート艦「レジャイナ」と補給艦「アステリックス」が18日、台湾海峡を航行後、東シナ海に入った。また、先に沖縄本島と宮古島間の宮古海峡を通過した中国の空母「遼寧」を中心とする艦隊が19日、西太平洋を経て南シナ海に入った。中国が建設した人工島を訪ねるとみられる。(写真は今日新聞のキャプチャー)

 台湾紙・自由時報によると、カナダの2艦は自動船舶識別装置(AIS)を作動させ、自艦の位置を明確にしながら航行した。台湾国防省は19日、カナダ軍艦艇の航行を認めるとともに、航行の自由を主張するための行動と見方を示した。 東網によると、カナダの2艦は10~13日、ベトナム・カムラン湾を訪問。レジャイナは南シナ海で、海上自衛隊の護衛艦「いずも」、「むらさめ」と合同訓練を行った。

 台湾紙・聯合報によると、遼寧が宮古海峡を通過したのは2016年12月、18年4月に続き3回目。今回初めて5万トン級の大型補給艦「呼倫湖」を随伴した。

 台湾情報筋によると、遼寧は南沙(スプラトリー)諸島付近を航行中。中国が人工島を造成した永暑礁(ファイアリー・クロス礁)、渚碧礁(スビ礁)、美済礁(ミスチーフ礁)を訪れるとみられる。人工島は空母が接岸できないため、艦載機を飛ばして島の飛行場に着陸させたり、兵員を上陸させる可能性がある。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
ドイツが台湾海峡に艦艇派遣か 米で報道、独国防省は否定
米海軍艦艇2隻が台湾海峡航行 米の台湾支持を強調
中国空母「遼寧」、2年半ぶり宮古海峡を通過

↑このページのトップヘ