中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

 2019年10月11日橋江蘇省無錫市錫山区の国道312号線上で10日午後6時10分ごろ、別の幹線道路「錫港路」を跨ぐ道路橋が突然横転し、橋下の乗用車3台を押しつぶした。事故当時、道路橋の上では乗用車3台とトラック2台が走っていた。当局によると、つぶれた3台のうち、2台に乗っていた3人が死亡、他に2人がけがした。ニュースサイトの央視網が伝えた。(写真は東網にキャプチャー)

 交通運輸省が専門家チームを現場に派遣。無錫市政府も事故調査チームを立ち上げた。当局によれば、橋を通行中のトラックが過積載で、重みで橋が横転したとみられる。

 香港メディア・東網によると、現場では積荷とみられる1箱28トンの鋼板コイル4箱が落ちていた。いずれも日照鋼鉄控股集団(山東省日照市)の製品だった。橋は着工からわずか22カ月で2005年6月に完成し、政府の鑑定で「優良」と評価されていた。

 救助隊は、重機で横転した橋を壊して除き、押しつぶされた車を見つけ出した。隊員が鉄筋を切断する作業を行ったため、周囲には黒煙と刺激臭が漂った。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
道路橋が突然崩落 車2台転落、2人の遺体発見 広東

2019年10月11日干 国家減災センターによると、江西省は7月下旬から10月初めにかけての平均降雨量が96ミリと、平年より7割減少し同期としては過去最少となった。主要河川と湖沼の水位も低下し、省内11市、71県で干ばつが発生している。(写真は中国天気のキャプチャー)

 鷹潭、吉安、九江、宜春の各地で被害が深刻で、一部の郷鎮(町村)で飲み水不足が起きているほか、コメ、野菜、果物の収穫に深刻な影響が出ているという。

 省応急管理庁は9日午後8時、緊急対応措置を発動。省財政庁と連携して、各地の被害状況を査定しているほか、各種の対策を指導している。

 被害が深刻な地区では、井戸の開削による地下水の採取、人工降雨、水田への導水、住民への飲み水の供給などが行われている。

 江西省では、少雨は10月末まで続く見込みで、干ばつの被害も拡大する見通し。省減災委員会、省応急管理庁などは対策と指導を強化している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
河川400本で警戒水位突破、堤防決壊も 公式報道は低調、実相伝えず

2019年10月11日鶴 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、2カ月半ぶりとなる閣僚級の米中貿易協議が10日、米ワシントンの米通商代表部(USTR)庁舎で行われた。米側はライトハイザーUSTR代表、ムニューシン商務長官、中国側は劉鶴副首相が出席し、約7時間にわたり話し合いを行った。(写真はラジオ・フリー・アジアのキャプチャー)

 トランプ米大統領は記者団に「われわれは中国と、とてもとても素晴らしい交渉を行った」と語り、交渉の順調さを強調した。トランプ大統領は11日、劉副首相とホワイトハウスで面会する計画だ。

 両国の代表団と接触がある、全米商工会議所のメンバーは「両国は通貨問題と知的財産権の保護などの『アーリーハーベスト』(先行実施)で合意に達するだろう」と述べた。さらに「市場参入障壁や、議論の少ない知財権保護などでの合意を基礎に、全面合意を目指している」と指摘した。

 このメンバーによると、今回の閣僚級協議で、通貨問題で合意に達すれば、米国政府は15日に予定している追加関税を発動しない見通しだ。

★参考情報★
ーーーーーー
米商務省、ハイクビジョンなど28団体、ブラックリスト
米中が互いに制裁関税を発動 米国産原油にも初めて課税
貿易摩擦で中国が合意要望か トランプ大統領も前向き

2019年10月10日目 香港紙・星島日報(電子版))によると、米宝飾品のティファニーが7日発表した、モデルが手で右目を覆う広告写真が、香港の反政府デモへの支持を暗示しているとして、中国本土のネット上で批判の声が挙がっている。ティファニーの広報担当者は「写真は(香港でデモが起きる前の)5月に撮影した。政治的メッセージを伝える意図はない」と説明したが、写真は同社のSNSサイトから削除されている。(写真は星島日報のキャプチャー)

 香港の大規模デモで8月、女性参加者の顔に警察の発射したビーンバッグ弾が当たり、右目を失明した。その後、デモ参加者の間で、手で右目を覆う仕草が、失明した女性参加者への連帯の気持ちを表明するサインとなった。

 香港のデモに反感を持つ、中国本土の民衆が、ティファニーの広告写真に対し「敏感な時期に配慮が足りない」としてネット上で不満を表明。不買を呼びかける書き込みも現れた。


★参考情報★
ーーーーーー
NBA最高責任者も香港デモ支持 中国反発、放送中止へ
米NBAのGMが香港デモ支持 自主撤回も中国反発
覆面禁止に反発、マスク姿で大規模デモ、警官隊と衝突

2019年10月10日火 安徽省亳州市渦陽県の警察によると、同県店集鎮の公立病院「店集鎮中心衛生院」で9日午前2時ごろ火災があり、消防が駆けつけて約1時間後に消し止めた。焼け跡から5人の遺体が見つかり、警察などが身元の特定を進めている。死者のうち4人は、病人の看病で泊まっていた家族との情報がある。ニュースサイトの安徽網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 病院は3階建て。ベッド数は約70床。病院の2階から出火した。ニュースサイトの新京報によると、死者のうち4人は地元の30代の夫婦と子ども2人。妻の母が入院中で、4人は看病のため訪れた後、疲れのため病室内で寝ていた。

 出火後、妻の母は逃げて無事。夫も一時、病院外に逃げたが、妻子を助けに戻ったという。もう1人の死者は、入院中の患者とみられる。警察が死者の身元の特定と、出火原因の調査を進めている。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇
化学工場で爆発炎上、19人死亡 日用化学品を製造 浙江

2019年10月10日落 重慶市渝北区の高層マンション前の路上で9日午前10時ごろ、12階から窓ガラスが落下し、居合わせた女児(6)の頭に破片が当たった。女児は意識を失って病院に運ばれたが、命に別状はないという。ニュースサイトの騰訊網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 警察によると、窓ガラスは12階のマンションの1室のもの。この部屋の女性オーナーによると、窓ガラスは約10年前に取りつけた。警察は、合成樹脂製の窓枠が経年劣化のため壊れ、ガラスとともに落下したとみている。

 深セン市でも今年6月、アルミ製枠の窓ガラスが高層マンションから落下。直撃を受けた男児=当時(6)=が死亡した。古いガラス窓は都市の「時限爆弾」だとして、懸念する声が広がっている。

 中国では窓ガラス以外にも、ビルからの落下物で通行人らが死傷する事故がしばしば起きている。9月には山西省太原市の複合ビル前で、通行中の女性(25)が、落下した金属製の板に直撃され、まもなく死亡した。7月には、四川省宜賓市で、高層住宅の外壁から大量のコンクリート片がはがれて落下し、通行中の男性が頭に当たり重体となった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
ビル外壁からアルミ板落下 通行中の女性、直撃され死亡 山西
ビル外壁が落下し通行人直撃 男性1人が重体 四川
20階から落下の窓ガラス、男児直撃 3日後に死亡-深セン

2019年10月9日侮 中国のニュースサイト、観察者網によると、10月1日に北京で建国70周年を祝って行われた軍事パレードに絡み、参加将兵を侮辱する発言をネット上で行ったとして、江蘇省宿遷市の警察は6日までに、市内の男(38)を拘束し、7日間の行政勾留を科した。

 警察によると男は9月28日、SNS「微信」で、軍事パレードの訓練に参加した将兵の画像とともに、侮辱するメッセージを書き込んで友人に数回発信した。これらは「無駄話にすべき内容を真剣に語り、真剣に語るべきことを無駄話にする特別な国」、「文明国はロボットを軍人にし、ならず者国家は軍人をロボットに変える」などの内容だった。

 宿遷市の警察は、ネットユーザーから通報を受けて捜査を始め、男を特定。警察に呼んで取り調べを行った。男は罪を認めている。

 軍事パレードを巡っては、遼寧省鞍山市の男(37)と四川省南充市の男が、参加将兵を侮辱するメッセージを「微信」で配布し、「治安処罰法」と「ネット安全法」の違反容疑で行政勾留処分を受けた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
「軍事パレード」からかう発言で男性2人拘束
軍事パレードで多数の最新兵器 米が迎撃不能の滑空弾も
国慶節軍事パレードに1.5万人 厳戒の北京に緊張感 

2019年10月9日籠 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国中央テレビ局(CCTV)は8日、米プロバスケットボールNBAの試合の放送を当面中止すると発表した。NBAの最高責任者であるアダム・シルバー・コミッショナーが7日、香港の反政府デモを支持する発言を行い、中国が反発している。中国外務省は「中国の民意を理解するべきだ」とのコメントを発表した。(写真はRFAのキャプチャー)

 香港のデモを巡り、NBAのヒューストン・ロケッツのゼネラル・マネジャー(GM)であるダリル・モーリー氏がツイッターで支持する発言を行ったが、間もなく撤回して謝罪。米政界などから、拝金主義との批判が出た。シルバー・コミッショナーは7日「事件はNBAに経済的な影響を与えるが、言論の自由など中核的な価値は、NBAの一部をなす」と語り、モーリー氏の発言を擁護した。

 コミッショナーは8日さらに「多様性に対する支持は、NBAの成功の基本で、異なる価値観を尊重する。選手やマネージャーに発言しないよう求めることは、絶対にない」とさらに踏み込む発言を行った。
 CCTVは8日、コミッショナーの発言に強く反発し「国家の主権と社会の安定を脅かす言論は、言論の自由の範囲に属しない」として、プレシーズンマッチの放送を中止すると発表した。

 台湾・中央社によると、中国最大のソーシャル・メディアの騰訊(テンセント)も8日、NBAのプレシーズンマッチの放送を中止することを明らかにした。


★参考情報★
ーーーーーーー
米NBAのGMが香港デモ支持 自主撤回も中国反発
覆面禁止に反発、マスク姿で大規模デモ、警官隊と衝突
香港政府が「覆面禁止法」準備 人権侵害と民主派反発

2019年10月9日監米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、米商務省は7日、監視カメラ最大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)や警察など中国の28の企業・団体について、米企業との取引を禁止する「エンティティー・リスト」に掲載すると発表した。新疆ウイグル自治区のイスラム教徒など少数民族の抑圧に関与したためとしている。(写真はVOAのキャプチャー)

 商務省によると28の企業・団体には、ハイクビジョン、人工知能と音声技術大手「アイフライテック(iFLYTEK、科大訊飛)」など企業8社と、同自治区公安局(警察)と同局傘下の19機関が含まれる。
 同省はこれらの企業・団体が「ウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し、抑圧や恣意的な勾留とハイテクによる監視を行ない、人権を踏みにじった」と指摘した。

 米政府関係者は「この決定は、米中貿易交渉とは関係ない。エンティティー・リストに掲載された企業・団体は米企業との取り引きが禁じられる。このリストは、ブラックリストとも呼ばれる」と話している。
 これら企業のうちハイクビジョンは、監視カメラで世界最大のメーカーの1つ。ロイター通信によると、売上高70億ドルのうち30%は海外から得いている。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
米国など30カ国が新疆人権侵害批判 中国、強く反発
「新疆人権政策法案」、米上院が可決 中国当局者制裁も
ポンペオ長官発言、中国外務省「内政干渉」と批判

2019年10月8日干 湖南省気象局は6日、異常な高温と少雨が続き、同省の89県・市で干ばつが起きていることを明らかにした。張家界、常徳、岳陽などの各地で特に深刻化している。中国紙・経済日報(電子版)が7日伝えた。(写真は経済日報のキャプチャー)

 専門家によると、湖南省の大部分では9月以降、異常な高温と少雨が継続。10月の4、5日には省内の多くの地区で35~37度の高温になった。省都の長沙市はこの時期としては過去最高の37.2度を記録した。
 省気候センターによると、9月から10月初旬までの湖南省の平均降水量は16ミリで、前年同期より76.9%も少なかった。記録を取り始めた1951年以降、史上3位の少雨となった。

 気象局によると、寒気の到来とともに湖南省の気温は低下を始めたが、当面、雨が少ない状況は続きそう。農業生産のほか、一部地区では飲み水にも影響が出る可能性があるとして、対策を呼びかけている。


★参考情報★
ーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
南方6省で大雨災害拡大 死亡・不明20人、被災465万人
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報

↑このページのトップヘ